(3歳児Choice)絵本「ぎゅっ」「ペネロペ かずをかぞえる」

子育て
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、こったらです!

3歳の子供が自分で選んだ絵本。

どんな反応をしめしたのか、ご紹介します。

今回は「ぎゅっ」「ペネロペ かずをかぞえる」の2冊です。

ぎゅっ」は特にお気に入りの絵本です!

気になった絵本はぜひ手に取ってお子さんと楽しんでください!

この記事はこんな方におすすめ

・絵本を探している

・実際に読んだ子供の反応を知りたい

・3歳児の子供がいる

スポンサーリンク

絵本紹介

「ぎゅっ」

  • タイトル 「ぎゅっ」
  • 作者 ジェズ・オールバラ
  • 出版社 徳間書店

感想・反応

子供の反応

  • 何度も読んでとお願いされたお気に入り!
  • 絵本に合わせて「ぎゅっ」とコミュニケーションをとれる
  • おさるのジョジョの気持ちを感じて言葉にできた
  • 最後まで座って読むことができた

特徴

  • 文章は「ぎゅっ」のみ
  • 言葉や表情から感情を読み取ることができる
  • 低年齢から楽しめる
  • 自然に「ぎゅっ」とコミュニケーションがとれる

内容をざっくり

おさるのジョジョやまわりの動物が親子で「ぎゅっ」とするおはなし。

「ペネロペ かずをかぞえる」

感想・反応

子供の反応

  • わかる1,2,3,4という数字に反応
  • 数え方が理解できておらず、興味散漫
  • 最後まで座って読むことはできなかった

特徴

  • 文字は若干多め
  • 数字がわかっている子にはおすすめ
  • 1を1人、2を2つ…数え方に統一感がなく少し難しい
  • 勉強になる

内容をざっくり

コアラのペネロペは数を数えられるようになり、身の回りのものの数を数えていくおはなしです。

まとめ

ぎゅっ」はお気に入りの絵本です。

親としてもかなりおすすめです。

文章は「ぎゅっ」という一言だけですが、その一言と表情からおさるのジョジョの気持ちを読み取ることができます。

言葉なく物語が読み取れる素晴らしい絵本です!

さまざまな読み取り方ができる絵本なので、いつまでも楽しめます!

ペネロペ かずをかぞえる」は数字に触れることのできる絵本です。

しかし、数字をまだ理解していない子供には少し早すぎました

ただ、身の回りのもので数字を理解することができるため、もう少し大きくなったらもう1度読みたい1冊です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、良い1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました