園で使うボンボン、きれいに作りたい!

子育て情報発信中 子育て
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、こったらです!

運動会の季節!

保育園等で必要になる帽子につけるボンボン!

私は100円ショップで売っているキットを使って初めて作りましたが、作成手順は簡単でしたが、結構大変でした!

ただ、キットを使うとかなりきれいにできます!!!

今回はこのボンボンに関して作るための道具やサイズの目安をご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ

・きれいなボンボンの作り方を知りたい

・100円ショップのボンボン作成キットの感想を知りたい

・子育てのちょっとした苦労を知りたい

こったら
こったら

ボンボンかわいい…

スポンサーリンク

ボンボンこんなの

そもそもボンボンと呼んでいますが、これ(↓)のことです。

ボンボン

帽子のてっぺんについてるような丸いふわふわのボンボン。

毛糸でできています。

ちなみにわが子は白組なので白色のボンボンですが、毛糸の色で何色でもできます!

初めて作りましたが、きれいにできました!

我ながら自信作です!

作り方

道具と作り方

100円ショップダイソーでボンボン作成キット(2サイズセット)と毛糸を購入しました。

道具一式

作り方は説明書に書いてありますが、簡単に説明すると、プラスチックの道具に毛糸をくるくると巻いていくことで、上手にボンボンを作ることができます。

このぐるぐると巻いていく作業に結構時間がかかります

私は、1つ作るのに30分くらいかかりました…

1つに30分は時間がかかりすぎかもしれませんが、「子供のため!」「きれいなボンボン作るんじゃ―!」と意気込むあまり、丁寧にやり過ぎました。

早い方は15分くらいで作れるかもしれません。

2つのサイズを作成可能

約9センチと約5センチの2つのサイズを作ることができます。

私は9センチの大きなサイズで作成しましたが、子供の帽子に取り付ける目的だったため、少し大きすぎたように感じました。

幼稚園や保育園児の帽子につけるサイズであれば、5センチの方で作成することをおすすめします。

作った感想

100円ショップの作成キットを使って、きれいなボンボンを作ることができました。

ただ、少し時間と手間はかかるため、準備は余裕をもって行いましょう!

サイズは5センチの小さいサイズで十分だと思います。

また、作成キットを使わずに作る方法も試してみましたが、私はきれいなボンボンを作ることができませんでした…悲しい

そのため、「きれいなボンボンを作りたい!」と気合のある方は作成キットを使ってみることをおすすめします!

こったら
こったら

きれいにできる方はキット不要でいいと思います!

ボンボン作成まとめ

  • 100円ショップの作成キットを使うときれいに仕上がる
  • 必要なのは作成キットと毛糸のみ
  • サイズは5センチサイズがおすすめ
  • 毛糸を巻くときは多めに巻くときめ細かなきれいなボンボンになる

まとめ

ボンボンづくりに限らず、園で必要なものを制作する機会は多々あります。

そんなときにパパママは楽しくできればよいですが負担も大きいものです。

購入してもよし、作ってもよしですが、時間と労力があれば作ってみてもいいかもしれません。

そして「できることならきれいな良いものを作ってあげたい」と考える場合は、100円ショップの便利グッズを使えば、初めてでも十分作れるため、ぜひ使ってみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、よい1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました