簡単にセルフ給油!EneKey(エネキー)のすごいところ

生活情報発信中 生活
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、こったらです。

セルフ給油で給油をする際、いろいろな操作があって面倒だな…と思ったことがある方!いますよね?こったらもその一人です。夏の暑い日だとエンジンを止める時間はなるべく短くしたいですよね!

そんなときに役に立つのがEneKey

今回はENEOSでの給油に便利なEneKeyについておすすめポイントや作り方をご紹介していきます。

この記事はこんな方におすすめ

・給油をENEOSでする

・Tポイントを貯めたい

・給油で面倒な作業はしたくない

こったら
こったら

いまならガンダムとのコラボシールもらえます!

スポンサーリンク

EneKey(エネキー)とは

EneKey

出典:ENEOS EneKey ”https://eneos-enekey.com/brand/”

EneKeyとはクレジットカードを紐づけしたENEOSのセルフサービスステーションのみ利用することができる決済ツールのことです。キーホルダー型でTポイントカードの紐づけもできます。

セルフサービスステーション:自分で給油するセルフのガソリンスタンド

おすすめポイント

早い!

なんと言っても給油までの端末操作がめちゃはやです!最近はセルフのガソリンスタンドが多く、給油をするには端末で操作をする必要があります。まずは、決済方法を選んでお金を入れて、ポイントカードを入れて、給油の種類を選択して・・・煩わしい!EneKeyなら画面の操作は1回です!

現金不要

給油前に現金やカードを財布から出す必要は一切なし

手元に現金もカードも持ってない!となっても車にエネキーさえあれば給油できます。

車のキーと一緒にしておけば、運転時忘れることはないので、安心ですね!

Tポイントカード不要

前提として、ENEOSでの給油ではTポイントを貯めることができます。

しかしENEOSのセルフ給油機端末ではモバイルTカードの認証ができません

そのため、普段モバイルTカードを使っていたこったらは何度もTポイントを貯めることということがありました。

それではあまりにももったいない!そんな問題を解決してくれます。

EneKeyの作り方

必要なもの

必要なものは免許証クレジットカードTポイントカードの3点です。

Tポイントカードはなくても作れます。

すぐに受け取ることができ、すぐに利用ができます。

ネットでの申し込みを受け付けていないため、サービスステーション店頭での作成になります。

サービスステーションを探すならこちらで確認できます。

こったら
こったら

webでの受付をしてもらえるともっと便利ですね…

作成時間

作成にかかる時間は申し込みから受け取りまで約15分程度でした。

作成の手順は店員さんが教えてくれますので、上記の3点を持っていけばなんとかなります!

Tポイントカードは紐づけしておきましょうね!

EneKeyのつかいかた

作ってさえしまえば、使い方はすごく簡単です!

することは2つだけ。

「かざして、ピッ!」これだけです。

では画像付きで。

かざして、

自分の給油したい油種の量を選択するだけ!

終わりです。

簡単で早い!

こったら
こったら

便利だけどなくしたらすぐほかの人でも使えちゃうから絶対すぐに対応してください!

まとめ

EneKeyとても便利ですよね!

特にTポイントカードの連携はかなりうれしいところ。

地方だと車は必須なので、ガソリン代でTポイントが貯まるのはありがたいです。

ENEOSでよく給油する方は持っていて損をすることはないので、時間があるときに作っておきましょう!

ただくれぐれも管理にはお気をつけください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、よい1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました