読む手が止まらない!おすすめマンガ 「ガンニバル」

ガンニバル マンガ・アニメ
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、こったらです。

これまで1000タイトル以上の漫画を読んできた筆者が最近ドはまり中の漫画「ガンニバル」

1度読み始めると漫画を読む手が止まりません。

さらに現代ならではの読み方「漫画アプリ」を使って無料で読むことができます。

今回は「ガンニバル」のあらすじおすすめポイントからスマホから効率よく無料で読む方法までを紹介します。

こったら
こったら

無料で読めますが、1度にすべてを読むことはできません。

この記事はこんな方におすすめ

・おもしろい漫画を探している

・無料で漫画を読める方法を知りたい

・刺激的な漫画が読みたい

※グロテスクがメインではありませんが、多々描写があります。

スポンサーリンク

作品紹介

題名   ガンニバル

作者   二宮正明

出版社  日本文芸社

ジャンル ミステリー・ホラー

ガンニバルのあらすじ

一言でいえば「かなり過激」です。

山間の村「供花村(くげむら)」に赴任した駐在警察官の阿川大悟。

阿川とその家族は温かく村に迎えられたが、村にはそんな村の住人たちも恐れる一家

後藤家 が存在していた。

さらに阿川の前任はこの村で失踪し、ある言葉を残していた。

「この村の人たちが、人を喰っている」

ある日、老婆の遺体が発見される。

この事件をきっかけに阿川の中で芽生えた村への違和感。

孤立した村に流れる特有の空気と阿川に対する村人の変化。

この違和感はなんなのか?

前任の言葉の真相とは?

後藤家の人間とは何者なのか?

阿川が村の真の姿に迫るサスペンスホラーストーリーです。

おすすめポイント

ストーリーがおもしろい!続きが気になってしょうがない!

自分の中の正義と信念を信じて生きる人間同士の衝突を描いた、人間の本質的な部分が見える作品だと思います。(ここまで深く感じとる必要はありませんが…)

良い悪いというのは様々な要因で判断されますが、伝統や慣習を伝え残そうとする者、変革を起こそうとする者、それを阻止しようとする者、それぞれの考え方があり、それぞれの信念に基づいた中で行われる対立や葛藤を知ることができます。

出典:二宮正明 「ガンニバル」 第3巻 第30話

描写やタッチが作品の世界感にとても合っています。

緊迫する状況が上手に描写されていて、緊張感がピリピリ伝わってきます。

こったら
こったら

考え方が若い!と感じた作品でした。

無料で読めるところもおすすめです。

スマホから無料で読むおすすめの方法

お金をかけずに読むことができますが、1度にすべてを読むことはできません。

まずはスマホで漫画を読むためには漫画アプリのインストールが必要です。

今回は実際にしようした無料の漫画アプリを2つ紹介します。

マンガZERO

LINEマンガ

インストールや使用方法は今後別の記事で解説予定です。

マンガZEROはチケット制で毎日8:00と20:00の1日2回、4枚の無料チケットが配布されます。そのチケットを利用して無料で漫画を読み進めることができます。つまり、1日に8話まで無料で読むことができます。

一方、LINEマンガは作品ごとのチャージ制で1タイトルにつき、チャージを消費して1話だけ読むことができ、23時間でチャージが回復します。複数作品を1話ずつ毎日読み進めることができます。

以上の2つのアプリを利用します。

どちらか1つでも読むことができますが、今回はこったらが実際行った方法をご紹介します。

単純に1つの作品を読み進めるにはチケット制のアプリのほうが有利なため、マンガZEROのようなチケット制のアプリで読み進めていきましょう。

しかしガンニバルについてはマンガZEROで無料で読めるのは第19話(1~2巻)までしか読むことができません。

10月22日まで限定!LINEマンガで20話まで制限なく一気読みできるキャンペーン中です!

ここまで来たらLINEアプリに乗り換えましょう。

LINEマンガは最新話までの更新がされており。無料で読むことができるため、1日1話ずつですが続きを読むことができます。さらにLINEマンガは巻数ごとに話が分かれているため、これを参考にマンガZEROの続きから読んでいきましょう。

地道ですが、お金をかけずに読むことができます。

こったら
こったら

面倒な人やお金をかかられる人は

コミックレンタルやRenta!を使っても読めます。

まとめ

ガンニバルは刺激的な漫画を探している人におすすめ!

どきどきはらはらのストーリーに続きが気になってしょうがない作品です。

無料で毎日コツコツと読み進めることができるので

まずは試しに読んでみてはいかがですか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

楽しいマンガライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました