アニメヒロアカ 第2期4話「策策策」

ヒロアカ第2期 ヒロアカ
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、こったらです!

ヒロアカアニメブログ第17回!

こったら的No.1アニメ「僕のヒーローアカデミア」。

こったら
こったら

アニメヒロアカの魅力を伝えたい!

今回は第2期第4話「策策策」についてご紹介します

(予告)

スポンサーリンク

基本情報

名称

僕のヒーローアカデミア

シリーズ

第2期 全25話

漫画との対応

第4巻 第27話~第28話

created by Rinker
¥460 (2022/10/07 07:38:56時点 楽天市場調べ-詳細)

主題歌

オープニング曲

ピースサイン” 米津玄師

エンディング曲

”だから、ひとりじゃない” Little Glee Monster

主な登場人物

  • 緑谷出久 個性:ワン・フォー・オール CV:山下大輝
  • オールマイト 個性:ワン・フォー・オール CV:三宅健太
  • 麗日お茶子 個性:無重力(ゼログラビティ) CV:佐倉綾音
  • 発目明 個性:ズーム CV:櫻井しおり
  • 常闇踏影 個性:黒影(ダークシャドウ) CV:細谷佳正
  • 轟焦凍 個性:半冷半燃 CV:梶裕貴
  • 爆豪勝己 個性:爆破 CV:岡本信彦
  • 物間寧人 個性:コピー CV:天﨑 滉平

第2期第4話はここを見よ!

トップの重圧

第4巻27話

出典:堀越耕平 ”僕のヒーローアカデミア 第4巻No.27 天下分け目の交渉時間

初めて知る、トップの重圧。

オールマイトの感じていた世界。

デクの成長。

こったら
こったら

またもオールマイトのすごさを知ることに!

あらすじ(ネタバレあり)

トップの重圧

ラッキーでとった1位。

それでさえも感じる、追われるものの重圧。

今のデクに向けられる周りからの目は、志のみでなにもできなかった中学のときとは違う。

デクは初めて、No.1として皆を守ってきたオールマイトが背負ってきたトップの重圧を体感する。

上に立つものに何度でも与えられる受難。

チーム決め

騎馬戦はチーム戦となり、チーム選びが重要。

そして勝負に勝つためには、個性の相性と連携、意思疎通ができることが必要になる。

予選トップで騎馬戦で追われる立場のデクにとっては、スタートから不利な状況だった。

そんな中、デクは勝つために必要な要素を兼ね備えたチームを構想し、メンバー集めを行う。

騎馬戦とプロヒーロー

雄英体育祭で行われる騎馬戦はプロヒーローの活動に通ずるところが多い。

ときにはライバルを蹴落とし、ヒーローとして活躍をしていかなければならない反面、サイドキックや他事務所のヒーローとの連携を必要とする。

ヒーローとしての素養を養い、試される競技。

全国トップクラスの雄英高校の体育祭は、それを肌で感じさせるものが多く、多くのプロヒーローが雄英体育祭に注目するのだった。

チーム決定

個性の相性や連携を考慮し、チームを決定していく中、不利な状況にあるデクはチーム決めに苦戦していた。

そこにデクへ絶大な信頼を寄せる麗日お茶子が声をかける。

騎馬戦は激しい競技だが、お茶子の個性で騎馬の重量を無重力化することが可能になり、機動性を確保しやすい。

そして、その個性を有効に活かしかつ連携の取りやすい飯田にチームへの加入を打診する。

しかし今まで仲良くしてきた飯田は、今回は友達としてではなくライバルとしてデクに挑戦したいという思いから、この誘いを断る。

そんな中、注目を集めるデクの立場を利用したい発目明もデクのチームに加わることになる。

サポートアイテムを使用できる発目も個性をサポートすることができ、騎馬の構成として有効だった。

そして残る一人は、騎馬に必要な防護力を補填する個性の持ち主の常闇踏影をメンバーに選んだ。

第4巻28話

出典:堀越耕平 ”僕のヒーローアカデミア 第4巻No.28 策策策

騎馬戦開始!

ついに騎馬戦が始まる。

当然、デクの1000万ポイント争奪戦となり、デクにライバルが迫る。

そこでデクのとった戦略は「逃げの一手」

デクの騎馬に敵が押し寄せる中、お茶子の個性と発目のサポートアイテムで空中に逃げ、常闇の個性で敵の攻撃を防御する。

B組の逆襲

皆がトップの1000万ポイントを狙う中、競技中盤でほとんどのチームのポイントが奪われていた。

そして爆豪もハチマキを奪われてしまう。

奪ったのは、B組の物間寧人。

B組は予選で必要以上に目立つことなく、注目を集めるA組の個性などを観察し、長期的な戦略を練っていた。

そして、騎馬戦でA組を捉え始めていた。

さらに、物間は爆豪を挑発し、爆豪の怒りは頂点に達する。

トップに執着することなく、着実な勝利への道を進む騎馬が出る中で、逃げ切りが容易になるように思えたデクの前に、轟が姿を現すのだった。

感想

無個性だったデクがいままで感じていたものとはまるで違う周りからの視線。

そして初めて感じたトップの重圧。

デクがすごいスピードで成長していっていることがわかります!

そして、騎馬戦とプロのヒーロー活動との共通点がわかり、雄英のレベルの高さがわかります!

すでにチーム決めから勝負が始まり、不利な状況の中デクは持ち前の分析力で勝ち抜くための騎馬を構成します。

今まで描かれていなかった、雄英のチーム戦とB組の生徒たち。

個性あるキャラクターのチーム戦は見どころ満点で興奮します!

デクらしい戦略で騎馬戦を勝ち抜こうとする中で迫りくるライバルたち。

デクは騎馬戦を勝ち抜くことができるのか!?

めちゃくちゃ楽しみです。

そして、予選から一転して追い上げるB組 VS A組も見どころです!

まとめ

ヒロアカアニメ第2期第4話。

いままで感じたことのない重圧を感じるデクは、不利な状況の中、騎馬戦を戦い抜くことができるのか!

予選を勝ち抜いたメンバーが挑む騎馬戦。

今回も大混戦の中、勝ち抜くのは一体どこの騎馬なのか?

次回、騎馬戦決着!

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、よい1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました