ヒロアカ アニメ1期第5話「今 僕に出来ることを」

ヒロアカアニメ第1期 ヒロアカ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、こったらです!

ヒロアカアニメブログ第5回!

こったら的No.1アニメ「僕のヒーローアカデミア」。

そんなアニメヒロアカの魅力を伝えたい!

今回は第1期第5話「今 僕に出来ることを」についてご紹介します。

スポンサーリンク

基本情報

名称

僕のヒーローアカデミア

シリーズ

第1期 全13話

僕のヒーローアカデミア Vol.2 第5話

漫画との対応

第1巻 第5話~第6話

主題歌

オープニング曲

THE DAY” ポルノグラフィティ

エンディング曲

HEROES” Brian the Sun

登場人物

  • 緑谷出久 個性:ワン・フォー・オール CV:山下大輝
  • 爆豪勝己 個性:爆破 CV:岡本信彦
  • オールマイト 個性:ワン・フォー・オール CV:三宅健太
  • 麗日お茶子 個性:無重力(ゼログラビティ) CV:佐倉綾音
  • 飯田天哉 個性:エンジン CV:石川界人
  • (NEW)
  • 相澤消太(ヒーローネーム:イレイザーヘッド) CV:諏訪部順一
  • 青山優雅 個性:ネビルレーザー CV:桑野 晃輔

第5話はここを見よ!

今 僕に出来ることを

第1巻No6

出典:堀越耕平 ”僕のヒーローアカデミア 第1巻No.6 今 僕に出来ることを”

デクの全力。

でもいままでと一緒では前に進むことはできない。

いまできることで最大限の力を発揮するためにどう行動すべきか。

こったら
こったら

極限での判断力と実現する力!カッコイイ

あらすじ(ネタバレあり)

ついに雄英高校ヒーロー科に合格し、最高のヒーローになるための第1歩を歩き出したデク。

高校生活が始まる。

雄英高校ヒーロー科は推薦枠4名、一般入試枠36名の2クラス。

デクのクラスは1-A。

爆豪や飯田と同じクラスだった。

さらにお茶子とも再開を果たす。

そこに現れたのはクセのある1-A担任教師の相澤。

入学初日にも関わらず、始まったのは個性把握テスト。

体力テストで個性を自由に使い、個々の真のポテンシャルを計るものであった。

そしてデクは早くも雄英の洗礼を受ける。

担任相澤が課した第1の試練は「総合成績が最下位の者は除籍処分」というものだった。

最高峰の雄英高校ヒーロー科の生徒たちは次々と得意競技で点数を稼いでいく。

そんな中、100%の力で1度使えば動けなくなってしまうデクの個性では、思うように成績を出せず、周りとの差に焦りを感じていた。

競技は終盤のボール投げまで進んでいく。

後がないデクは粉砕覚悟のフルパワーで投球をしようと個性を発動する。

その時、担任相澤の個性でデクの個性発動が止められてしまう。

相澤はデクが個性を制御できないことを見抜いていた。

そして、「誰かに助けてもらうことを前提とし調整のできていないフルパワーの個性を発動させる力では、ヒーローにはなれない」とデクに忠告する。

性懲りもなくフルパワーでの個性発動、委縮して個性を発動せず最下位になること。

このどちらでもデクの除籍処分は決定的になってしまった。

しかし、力の調整ができないデクは全力で個性発動を決意する。

これを見た相澤は「見込みなし」と判断するが、デクのとった行動はこれまで通りの個性発動ではなかった。

力の調整はできない。でも行動不能にもなれない。

そこでデクの出した答えは「最小限の被害で、最大限の力を発揮すること。」

指先だけに個性を集中し、全力で発動させることで負傷を指先だけにとどめ、デクは驚異的な記録を出すことに成功した。

デクは除籍を免れることができるのか?

感想

ついに始まった雄英高校での生活。

初日から大きな試練を与えられたピンチの中、自分ができることの中で最大限の力を発揮することができるよう工夫したデクの機転と判断力に驚きました。

除籍処分から首1枚繋がったように感じ少し安心しましたが、まだまだうまく個性を使いこなせていないのも事実。

とにかく今はできることが限られている。

その中でできる最大限を発揮することができるのはやはりデクに大きな可能性を感じます。

ここぞでやるデク!カッコイイ

まとめ

ヒロアカアニメ第5話。

デク2度目の個性発動です。

前回の経験を活かし、行動不能にならずに力を発揮したデクはやけくそではなく、きちんと考えたうえでできることをやっています。

できることは多くないですが、これからどんどん強くたくましくなっていく大きな可能性が感じられました。

第6話も楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、よい1日を!


「僕のヒーローアカデミア」 The Ultra Stage 【Blu-ray】

コメント

タイトルとURLをコピーしました