無料なのにかなり使える!「みてね」と「nohana」

IT情報発信中 IT情報
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、こったらです。

今回はこったらが愛用している便利な写真にまつわるアプリをそれぞれのアプリの特徴とおすすめポイントとともに紹介します。

使い方は様々ですが、我が家は子供達の成長を離れて住むおじいちゃんやおばあちゃんに見せるために使っています。

この記事はこんな方におすすめ

・孫の写真を離れて住む親戚に見せてあげたい

・撮った写真を手元に残したい

・使えるアプリを知りたい

こったら
こったら

子供だけでなく、旅行、カップルの記念、ペットの成長記録にも最適です!

スポンサーリンク

「みてね」とは

写真動画を家族で共有できるアプリです。

その名の通り遠く離れたおじいちゃんおばあちゃん達にも子供の写真を簡単に共有することができ、みてもらうことができます。

みてね公式

出典:みてね公式 ”https://mitene.us/

「nohana」とは

フォトブック作成アプリです。

自分のお気に入りの写真を使ったフォトブックを簡単に作成することができます。さらに送料275円のみの負担で月に1冊無料で作成したフォトブックが家に届きます。

普段の生活で思い出のある出来事をフォトブックにして残したいというときに役に立ちます。

nohana公式

出典:nuhana公式 ”https://nohana.jp/normal/index.html

「みてね」のおすすめポイント

使い方が簡単

おじいちゃんおばあちゃんにとってスマホを使いこなすのは至難の技、という方もまだまだいるかと思いますが、みてねは操作がとっても簡単!一度設定してしまえば、アプリを開くだけですぐに写真や動画を見ることができます。さらに写真が追加された際に通知を受けとることもできるため、更新後すぐに見ることができます。

こったら
こったら

この手軽さは見る側にとってとてもありがたいですね!

公開範囲を写真ごとに設定できる

この写真は夫婦間だけで親には見せたくない…というときには公開範囲を夫婦間のみに設定することができます。写真ごとに公開範囲を設定することができるのは便利です。さらに月々480円のプレミアム会員になると、より細かく公開設定をすることができるため、「家族みんなの写真だけど、すっぴんだからパパの実家には公開しないようにしよう」などと設定することもできるようになります。

無料、容量無制限

毎月の使用制限などは一切なし!無料なうえに無制限で使えるのは嬉しい限りですね!写真だけでなく動画のアップロードもできるため、孫の「初めての寝返り」「初めての離乳食」「初めての誕生日」などのイベントを動画で見ることができるのはおじいちゃんおばあちゃんはとっても嬉しいと思います。

動画の長さがは1本あたり3分までの制限があります。(無料の場合)

「nohana」のおすすめポイント

毎月1冊フォトブックが無料

なんといっても通常550円かかるフォトブックが無料で作成できるのはお得です。(送料275円はかかります)さらに毎月無料になるため、毎月の成長記録として長く利用することができます。

複数冊で送料が半額
なかなか負担になるのが送料。我が家は自宅用と夫婦それぞれの実家に注文しているため、計3か所の届け先になります。このような場合には一度の注文で届け先が複数ある場合、2か所目以降の送料が半額(137円)になるため、実質的に2か所分の送料のみ負担することとなります。

自宅+夫婦それぞれの実家に3冊注文

通常 フォトブック代 550円×3=1,650円 送料 275円×3=825円 合計 2,475円となりますが、ここでフォトブック1冊分無料と2か所目以降の送料半額が適用されると550+276=826円が引かれ、支払う合計金額は1,649円になります。

作成が簡単
フォトブックを作る!となると大変な作業をするイメージもありますが、簡単に作ることができます。無料で作ることができる通常フォトブックは一冊写真が21枚のため、21枚の写真を選んで順番を決めるだけ!その後注文画面に進むと有料オプションを選ぶこともできますが、こったらはシンプルに有料オプションなし、表紙のデザインなしにしています。十分満足できると思いますよ。

まとめ

今回は無料で使えるアプリを紹介しました。いかがだったでしょうか?

小さなお子さんのいる家庭はもちろんですが、旅行の思い出を残したり、カップルでの記念日プレゼントやペットの成長記録としても使うことができます。

無料で使えて便利なアプリは他にもいっぱいあります。今回ご紹介したものに限らず、ぜひ皆さんもお子さんの成長を離れた家族に共有することで、喜びの輪を広げましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、よい1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました