「継続できない」は「気持ちいい」を感じないから

続かないのは気持ちいいがないから 未分類
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、こったらです。

1年のはじまりに今年の目標を!と意気揚々と目標設定をしても、1,2か月経つと、その意識も薄れ…

「どこにいった?あの時の気持ちは!」と後悔。

そして4月になり、「今年度こそは!」と仕切りなおそうと、さらなる高み?を目指すものの…

またまた5月中旬になり、あれれ?と思うわけです。

そんなことを繰り返し、あれやあれやと1か月、半年、1年が過ぎ、歳だけをとっていくわけです。

これすべて自分のことですが( ;∀;)

スポンサーリンク

なんで続かない?

どうしてこうなってしまったのか。

自分ってホントにダメな人間。

そう感じてしまうこともしばしば。

思い返してみると、毎日継続の目標を立てたものの、今は(とっくに?)やっていない。

筋トレ。勉強。ブログなどなど…

継続できる人は才能がある!と言いますが、才能なくても、食事は毎日しているし、風呂も入っているし、そんな簡単なことじゃない気がする。

要は気持ち?

根性論かい!とも思うような話ですが、あながち間違いでもない気がする。

食事→おいしい→おなかいっぱい→満たされる

風呂→清潔感→気持ちいい

睡眠→布団→気持ちいい

すべて結果的に「満たされた」「気持ちいい」。

なるほど。

筋トレ→痩せる→見られる→気持ちいい

勉強→問題を解決できる→気持ちいい

ブログ→反応がある→気持ちいい

気持ちいいを感じづらいから続けられないのか。

確かに思い返せば、昔からずっとやっていることって、結果的に気持ちいいを感じられることがほとんど。

つまり

「気持ちいい」を感じられれば「継続」は簡単なのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました