既に園に通う3歳児は入園手続きに注意!

子育て情報発信中 子育て
この記事は約3分で読めます。

入園?転園?違いをわかりやすく解説します。

こんにちは、こったらです!

わが家では子供が小規模保育施設に通っています。

3歳になり今の園を出なけれならず、別の幼稚園や保育園、こども園に行かなければならなくなったので、9月に来年度の4月入園説明会にいくつも行きました。

申請前に詳しく「なにをしたらいいか」を市役所で聞いてみるとびっくり。

わが家のような場合は、普通の4月入園とは全く手続きが違いました!

そこで今回は、すでにどこかの園に通っているお子さんを4月から別の園に入園させたいと思っている方がやるべきことをご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ

・今の園から別の園に行かせることを考えている

・入園と転園について知りたい

・転園の注意点を知りたい

スポンサーリンク

そもそも1号認定?2号認定?とは

幼稚園等の入園を考える際、次のように子供の状況により区分がされています。

1号認定 保育の必要性を認定されない3~5歳児
2号認定 保育の必要性を認定されている3~5歳児
3号認定 保育の必要性を認定されている0~2歳児

保育の必要性の判断は家族の状況により、決まりますが詳しくはこちらを確認してみてください。

知っておきたい!新規入園と転園の違い

新規入園

新規入園とはどこの園にも行っていなかった子供が新たに幼稚園などに入ることを言います。

転園

すでにどこかの園に入園している子供が違う園に行くことを転園といいます。

わが家の状況

つまりわが家の状況は2歳までしか在園することしかできない園にいて、別の園へ行くことを考えているため、新たな園に行くにも「転園扱い」になるということでした。

ただし、この場合は1号認定と2号認定のごちらを希望しているかにより異なります。

次にこれを詳しく説明します。

転園手続きについて

1号認定の園を希望する場合

1号認定を希望する場合は、新たに認定区分が異なる園に入園を希望するため、新規入園と同じ扱いになります。

そのため、入園願書を希望する園に提出し、面接等を行います。

現在の園に退園届を別に提出する必要がありますので、注意してください。

2号認定の園を希望する場合

2号認定を希望する場合は、3号認定から2号認定に変わり、同じ認定区分のまま園に転園することになります。

この場合には、現在通っている園に施設変更申込書を提出します。

その後、入園調整が行われます。

1号認定と2号認定どっちを希望できる?

今回は3歳以上の場合に限った話をします。

1号認定の方は幼稚園、こども園に行くことができます。

2号認定の方は幼稚園、保育園、こども園に行くことができます。

2号認定を受けていても1号児として申し込みすることは可能です。

前提として、すでにどこかの園に入るには通常3号認定を受けている必要があります。

つまり「保育の必要性を認められている状態」です。

そのため、子供が3歳になると3号認定(3歳未満の子供)から2号認定(3歳以上の子供)に変わります。

1号・2号の併願は可能?

どうしても希望の園に入園させたい場合には、1号認定での希望と2号認定での希望を同時に出す併願をすることができる園もあります

希望の園に1号認定、2号認定の募集を行っていることが前提になりますが、気になる場合には園に確認し、併願できる場合には併願をするのも1つの方法としてあることも知っておきましょう。

まとめ

1号認定・2号認定どちらを希望するかでどのように入園手続きをするかが変わってきます。

わが子がどの認定区分で入園を希望するかを決め、希望している園に入園することができるよう、手続き方法をきちんと確認しておきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、よい1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました