簡単に教えて!リボ払いってなに?

生活情報発信中 生活
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、こったらです!

テレビCMやキャンペーンでよく聞くクレジットカードの「リボ払い

どんなものかわかりますか?

「便利って聞いたことある!」「支払う額が決まってるんだよね!」と思っている方が多いかもしれませんが、実は知らずに使うと恐ろしいことになる可能性があります!

何事も疑問や不明なことについてきちんと理解し、自分のリスクを管理できるようにのが大事!

今回は「リボ払い」とはどんなもので、何に注意しなければいけないのかを紹介します。

この記事はこんな方におすすめ

・リボ払いのことを知りたい

・リボ払いを利用するか迷っている

・リボ払いの注意点を知りたい

こったら
こったら

よくキャンペーンとかで聞くけど…

スポンサーリンク

リボ払いとは?

リボ払いはクレジットカードでの支払い方法の1つです。

利用金額や利用件数に関わらず、あらかじめ設定した金額(一定額)を利用残高がなくなるまで、月々一定額を支払う方法です。

「リボ払い」と「分割払い」の違い

クレジットカードには「分割払い」という支払い方法もあります。

これは似ていますが、違いがあります。

最も大きな違いは「分割払い」では利用金額や分割回数により、月々の支払額が変わります。

例えば10,000円の商品を分割回数5回で購入した場合には、

10,000円÷5=2,000円で1回の支払い額は2,000円です。

一方、リボ払いは月々の支払い額を1,000円に設定しておけば、商品が10,000円であっても、月々の支払いは1,000円ということになります。

支払い回数で比較すると、分割払いは5回、リボ払いは10回で支払いが終了をするということになります。

実際は手数料がかかりますが、手数料抜きで考えています。

メリット

家計の収支計画が立てやすい

毎月の支払額が利用金額に左右されず一定額であり手数料が推測ができるため、家計の収支計画が立てやすくなります。

利用金額が支払いの際にダイレクトに影響を受けることがなく、お金が足りなくて焦ることもなくなり、毎月の支払は楽になるかもしれません。

デメリット

利用額がわかりにくい

毎月の支払額が一定額のため、現在の利用額がわかりにくくなってしまいます。

そのため、利用明細をきちんと確認せずに使い続けてしまえば、手数料が多額になってしまうため、注意が必要です。

注意点

支払い残高で手数料が変わる

月々の総支払額はあらかじめ定めた一定額+手数料を支払う必要があります。

ここで注意すべきは手数料です。

リボ払いの手数料は、支払い残高で決定します。

つまり、支払い残高が大きければその分手数料も高くなるということです。

月々の支払いは「一定額+手数料」ということにも注意が必要です!

使い過ぎに注意

一定額の支払いということが強調され過ぎており、手数料の支払いについてきちんと理解をしていないと、高い手数料」と「いつまでも支払いが終わらない」という大きな問題を抱え続けることになってしまいます。

そのため、必ず毎月利用明細を確認し、支払い残高と支払い期間、手数料を確認する必要があります。

キャンペーンが多い

リボ払いをすることでキャッシュバックされるキャンペーンなどがありますが、目先の利益を追うあまり、本質的な目的や使い方を見失ってしまわぬよう注意しましょう。

あくまでも、本当に利用が必要な場合にキャンペーンを利用しお得に利用する程度が良いと思います。

まとめ

リボ払いは、メリットデメリットを理解し上手に使うことで、家計をコントロールする有効な方法になりえます。

しかし、十分に注意して使用しくれぐれも利用額の把握を忘れず、支払い残額が多額にならないよう注意しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、よい1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました